会社概要

代表挨拶

2004年より介護施設の運営に携わり、会社理念として「社会貢献・地域貢献」を掲げ、地域の皆様のお役に立ちたい一心で走っております。 山川という農村地域は、お年寄りが非常に元気な地域だと思っております。そのような土地で地域のご高齢の皆様は何に困り、何を不安に思っていらっしゃるだろうか?私たち介護事業所はどういったお手伝いができるだろうか?地域に密着した中規模の事業所として、課題は山積しております。病床不足が今後より一層深刻化することが予想され、「終の住処」となれるよう、中重度介護者の対応や看取りのための医療連携体制の構築に取り組んでおります。 また、住み慣れた我が家で長く住まえるよう、健康寿命を伸ばしていけるための元気高齢者の方の介護予防や疾病予防に取り組んでおります。 微力ながら一つ一つ、取り組んで参りたいと思っております。 そして、それも常日頃から応援していただいているご家族様・地域の皆様あってのことだと思っております。 「みやまの介護のことならやまびこに聞いてみよう。」そう言っていただけるよう、努めてまいりたいと思います。 今後とも、変わらぬご支援のほど宜しくお願いいたします。

やまびこ理念

住み慣れた町で懐かしい心を大切に、笑顔の毎日をお過ごしいただけるようお手伝いします。
『や』
安らぎのある空間を提供します
『ま』
真心込めて介護します
『び』
ぴったり寄り添い、心の声に耳を傾けます
『こ』
声かけ、気がけて介護します
施設イメージ

やまびこのコンセプト

やまびこでは「思い出」「リハビリテーション」「アクティビティー」の3つの柱で質の高い介護に取り組んでいます。 たくさんの自然に囲まれた中でゆったりお過ごし頂けます。

「思い出」

ご高齢の皆様が歩んで来られた沢山の思い出を大切に、やまびこでも良い思い出をお作りいただけるよう、お一人お一人の思いにお応えしながらお手伝い致します。

「リハビリテーション」

リハビリテーションとは、弱くなる機能や能力に負けずに、日常のできることを一つ一つ自分で取り組んでいく心です。 やまびこではリハビリテーションの心を持っていただけるようお手伝い致します。

「アクティビティー」

季節感を大事にした催事や手作業などに取り組んだり、集団での活動・レクレーションに取り組んでいただくことで、生活の質を高め、メリハリのある時間をお過ごしいただけるようお手伝い致します。

運営会社

社名
有限会社ミモレ・ダイコク
設立年月日
昭和60年9月1日
資本金
500万円(平成29年4月現在)
年商
1億8000万円(平成29年度決算)
役員構成
代表取締役 会長 大田黒 誠之 代表取締役 社長 大田黒 靖之 専務 大田黒 理恵
従業員数
40名(平成29年9月現在)
取引金融機関
西日本シティー銀行、福岡銀行、大牟田柳川信用金庫

沿革

Start

2004
─11認知症対応型共同生活介護 グループホーム「やまびこ」開設
2009
─4認知症対応型通所介護 共用型デイサービス「やまびこ」開設
2012
─5通所介護・介護予防通所介護 デイサービス「やまびこ」開設
2012
─5住宅型有料老人ホーム 有料老人ホーム「やまびこ」開設
2014
─5居宅介護支援事業所 「やまびこ」ケアプランサービス 開設
2014
─12通所介護・介護予防通所介護 リハビリ特化型デイサービス大黒荘 開設

Now